かぼちゃのあげだし

長門産の甘い日本カボチャ「つるくびかぼちゃ」を使って、あげだしにしました。
西洋かぼちゃと違って、身が柔らかくとても皮が剥きやすいかぼちゃです。
火の通りも早いので、サッと作れる一品です。

レシピ

材料(4人分)

  • かぼちゃ 1/4玉(西洋かぼちゃでもOK)
  • 片栗粉 大さじ2
  • だし 300㏄
  • さとう 大さじ1
  • しょう油 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 油(揚げ用) 適量

作り方

<下準備>

  • かぼちゃは皮を剥いて、小さめの一口大に切っておく。

<作り方>

  1. 切ったかぼちゃに片栗粉をまんべんなくまぶし、170℃の油で揚げる。
  2. かぼちゃに火が通ったら、しっかりと油を切る。
  3. だし・さとう・しょう油・塩を中火にかけ、さとうが溶けたらボールに移す。
  4. 2と3を合わせて、できあがり。

※ 片栗粉を使っているので、できあがってから時間が経つと、だしがなくなってしまいます。作り置きする場合は、片栗粉をまぶさず、素揚げしましょう。

レシピパートナー

2017年8月22日

7daysスパイス

Recipe List

くじらベーコンのさっぱりサラダ

上質な脂肪分が多いくじらベーコンをさっぱりサラダに仕上げました。

こわいくらいに素晴らしい景色 日本海と瀬戸内海を見渡す『花尾山』

長門市渋木にある標高669mの花尾山は、道中の険しさからは想像つかないくらいの絶景が待っています。

感動をもとめて青海島へ 40代が行くメモリアルロードひとり旅

波の音と潮風に背中を押されてながら、絶景ポイントを目指して歩く海沿いのメモリアルロードをご紹介します。

大人も子供も大喜び!ゆずきちシロップ

ながと産のゆずきちを氷砂糖で漬けて、シロップにしました。
ソーダで割って子どもさんのジュースに、焼酎にいれて大人のお酒に、老若男女に喜ばれるので重宝します。

口いっぱいに広がる磯の味 生わかめのカリカリ揚げ

生わかめをにんじんと一緒に揚げ、生わかめがモチモチとしてふっくらと仕上がりました。

パーティーにもぴったり!かまぼこときゅうりの酢の物

そのまま食べても美味しい仙崎かまぼこは、野菜との相性もピッタリです。紅白かまぼこを使えば、おめでたい席でも使えます。寿司酢を使うので、手間がかからず美味しくできますよ。