かぼちゃのあげだし

長門産の甘い日本カボチャ「つるくびかぼちゃ」を使って、あげだしにしました。
西洋かぼちゃと違って、身が柔らかくとても皮が剥きやすいかぼちゃです。
火の通りも早いので、サッと作れる一品です。

レシピ

材料(4人分)

  • かぼちゃ 1/4玉(西洋かぼちゃでもOK)
  • 片栗粉 大さじ2
  • だし 300㏄
  • さとう 大さじ1
  • しょう油 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 油(揚げ用) 適量

作り方

<下準備>

  • かぼちゃは皮を剥いて、小さめの一口大に切っておく。

<作り方>

  1. 切ったかぼちゃに片栗粉をまんべんなくまぶし、170℃の油で揚げる。
  2. かぼちゃに火が通ったら、しっかりと油を切る。
  3. だし・さとう・しょう油・塩を中火にかけ、さとうが溶けたらボールに移す。
  4. 2と3を合わせて、できあがり。

※ 片栗粉を使っているので、できあがってから時間が経つと、だしがなくなってしまいます。作り置きする場合は、片栗粉をまぶさず、素揚げしましょう。

レシピパートナー

2017年8月22日

7daysスパイス

Recipe List

あま~いかぼちゃ!一度食べたら止まらない かぼちゃのあげだし

長門産の甘い日本かぼちゃ「つるくびかぼちゃ」を使った、かぼちゃのあげだしは、大人も子供もお箸が止まりません。

口いっぱいに広がる磯の味 生わかめのカリカリ揚げ

生わかめをにんじんと一緒に揚げ、生わかめがモチモチとしてふっくらと仕上がりました。

やさしい味にほっこり!旬のカブと鶏もも肉のうま煮

コロンと可愛い「小カブ」と、長州どりをこってりとしたうま煮に仕上げました。

地上の星屑ひとりじめ!地元民オススメの俵山ほたるスポット

ジメジメとしたこの季節、澄んだ空気と水のそばで優しく光る「俵山ほたるスポット」で夕涼みをしませんか?
今回は、地元の方に教えていただいた「俵山でホタルに出会うならココ」をご紹介します。

栗の皮むき第2弾 渋皮むき

生の栗の渋皮を包丁で丁寧に剥く方法です。
よく切れる包丁を用意してくださいね。

レンジで簡単☆ ぎんなんの皮むき

ぎんなんの固い殻を、レンジを使って簡単に剥きましょう。おつまみとして、すぐに食べられるのも魅力です。