押し寄せる山々に囲まれて

「長門富士」と呼ばれる美しい山に、普段まったく運動をしない40歳過ぎの私が登りました。「山を甘く見てはいけない」この言葉が身に沁みる貴重な体験をしました。
山頂は絶景の花尾山。この山での体験をご紹介します。

登山初心者が登る花尾山

ハイキング気分でスタート!

少し肌寒いながらも心地よいお天気の11月のある日、長門市渋木にある花尾山に登ってきました。
最近の体力低下は感じつつも、健康には何も問題のない40歳の私。まずは車で登山口「市ノ尾集会所」へ!
旧大畑小学校を過ぎて道なりに進むと、目印の看板と可愛らしい丸い木を見つけました。

看板の矢印の方向へ進み、突き当りを更に右へ行くと集会所がありました。ここで車を停めて、登山道へ向かいます。
※今回は、子供の行事の付き添いで登山に参加したため、地元の方々が一緒に登ってくれました。この方々・・・本当に素晴らしい方ばかりでした。
駐車場から登山口までは、民家が並ぶ川沿いの道をのんびりと歩きます。まだまだ笑顔と笑い声は健在で目印の「かかし」を目指して歩きました。

「かかし」を見つけてから、今回のコース「たたらコース」へ。まだまだ杉の木に囲まれた広い道を子供たちと手をつなぎ、お話ししながら歩けました。

急に変わる景色

心地よい疲労感を感じながらも、進んで行くと広い場所につきました。※この場所まで車で来ることもできるようです。
広い場所で少し休憩をしてから、次に進む道を見ると、丸太3~4本の橋が!これを渡ってから、周りの景色が急変です。

広がって歩くことができていた道は細く狭い道に、なだらかだった斜面は急斜面に変わりました。なかなか写真も撮れず、息は上がるけれど足は上がらない。なんとも自分が情けなく感じる時間が続きます。

※写真がブレているのは、ご察しください。

苔生した岩や木の葉、木の枝など、私には越えられない障害物に見えましたが、慣れている方々のご指導でなんとかゆっくりでも進むことができました。

最後の壁

「この坂道が終わったら少し平らな道が続きます。」「あと、〇〇〇mです。」など、勇気づけられながら進むこと1時間強。
足元ばかり気になって、下を向いて歩いていた私ですが、「最後の坂を登ったら、頂上ですよ。」この言葉に嬉しくなって顔を上げてみると、絶句。
坂?これが坂???そこには、壁が立ちはだかっていました。

気を抜いたら、下に落ちてしまうのではないかと言う思いで、足がすくんでしまいましたが、早くに頂上に到着していた娘(小2)に応援されながら、やっとの思いで頂上へ。

そこには、四方八方に波のように押し寄せる山々と、遠くには海が見える素晴らしい景色が広がっていました。

素晴らしい景色で、疲れが吹き飛ぶなんてこと、現実にあると思いますか?
「あるんです。」
手が届きそうな、深川湾と青海島、秋吉台、俵山。さらに遠くには瀬戸内海まで見ることができ、本当に本当に素晴らしい景色でした。
その後の下山は、とにかく慎重にけがをしないことを心がけ、少し転びながらも、ゆっくりと下山しました。

濡れた木の葉と岩には要注意ですね!

素晴らしい大自然

花尾山は、キツイ山ではありません。特にスポーツをやっているわけではない低学年の娘が登り切っていますし、下山もできています。でも、山を甘く考えて、無防備&無計画で登るのは絶対にダメだという事です。

  • 安易に素人だけで登らない。
  • しっかりと登山ルートを確認する。
  • 登山に必要なものは準備していく。
  • 自分を過信しない。

これが今回感じたことです。なんでも、楽しむためには準備が必要だという事ですね。

登っている途中のところどころで、可愛い実をつけた植物を見つけました。

「かわいい~」と子供たちも言っていましたが、帰って調べるとムサシアブミもしくはマムシグサと言う植物で、毒性があるもののようです。鹿などの野生動物も生息していますし、毒性がある植物もたくさんあります。安易に行動すると、周りに迷惑がかかるかもしれないことは、頭に入れておかなくてはいけないことを改めて教えられました。

でも、登山は楽しかったです。「体力をつけて、他の山(低い山から)にも挑戦してみようかな。」と思っています。

40代まだまだ現役!大自然と娘に教えられることが多い体験でした。

Recipe List

あま~いかぼちゃ!一度食べたら止まらない かぼちゃのあげだし

長門産の甘い日本かぼちゃ「つるくびかぼちゃ」を使った、かぼちゃのあげだしは、大人も子供もお箸が止まりません。

山口のお母ちゃんの味 けんちょう

根菜類をふんだんに使って作る山口県の郷土料理です。

ふわりと香る日本海 釜揚げちりめんのブルスケッタ

ながと産『釜揚げちりめん』のアレンジレシピ

節分の日いなり寿司

節分の日は「海鮮!寿司パーティー」

長門市では、節分に「大きいもの」と「小さいもの」を食べて1年の幸せを願う習慣があります。

酸味と甘みのハーモニー 里芋とナッツの甘酢あげ

里芋とナッツを甘酢でからめた子供に人気の一品です。

アサギマダラ(青海島)

もう一度ココに来たくなる 青海島うみ・やまウォーキング

青海島共和国は、北長門国定公園に指定された青海島にある、海や山での魅力を生かした、さまざまな体験ができる施設です。青海島で素敵な時間をお過ごしください。