香月泰男美術館で過ごす休日

平和を愛し家族を愛し、地元を愛した画家香月泰男。
そんな香月泰男の世界が広がる美術館は、とても居心地がよく心安らぐ場所でした。
「芸術がわからない。」そんな小さなことにこだわらずに、足を踏み入れてください。
きっと、知らなかった「何か」がココにはあります。

館内に広がる冷たくも暖かい空気感 香月泰男美術館

美術館へ向かう道の名は「香月ロード」

香月泰男が制作したおもちゃを模して作ってある、おもちゃたちが美術館まで連れて行ってくれます。
様々な表情を持つおもちゃたちは、今でも動き出しそうなポーズをとっていました。

不思議な雰囲気をもつ美術館

駐車場から美術館までの道の途中にある高台に続く階段を上がると、湯免温泉を見つけた弘法大師様が祀られています。そこの入り口には大きな紅葉の木があったので、秋が深まる頃には綺麗に彩られちがう絵が見られるのだと思いますよ。

さて、美術館が見えてきました。外観にかたどられている人の顔は一見身を引いてしまいますが、よく見ると寂し気で何かを訴えかけているように感じました。

館内に展示されている絵の写真は撮影が禁止されていましたので、是非足を運んでくださいね。
そこには外界を完全に遮る音のない世界と、絵からにじみ出る香月泰男の悲しくも優しい独特な空間があります。ゆっくりと時間が流れているような不思議な気持ちになりました。

おとぎの国に飛び込んだような心地よい空間 中庭

優しくゆれる豆の木

絵を観終わると、のんびりとしたい気持ちになりました。大きな窓から見えたのは大きな豆の木。ジャックと豆の木に出てくるのと同じ種類の豆の木のたねを、香月泰男がシベリアから持ち帰って植えたものだそうです。香月ロードにいたおもちゃたちも一緒にいました。

穏やかな異空間

中庭にでてみると、静かでやわらかい空気が流れていて、おとぎ話の森の中にいるような空間が広がっていました。見え隠れするおもちゃたちには、笑顔がこぼれてしまいます。

開放感あふれるみどりの公園 外庭

びじゅつかんのハーブ園

秋に行ったので、ハーブの最盛期は終わっていましたが所々にかわいらしい花が咲いていました。「また6月頃に来たいな」と思わせてくれる、すてきな空間です。

みどりの中の公園

ハーブ園の隣には、桜が植えられた遊歩道でぐるっと囲まれたみどり豊かな公園がありました。

本を持って来てゆっくり読書したくなるような雰囲気の公園です。
私が行った時には、公園に人がいなかったので、ブランコに乗って童心に帰ってきました。

館内も中庭も外庭も、すべて時間がゆっくりと流れているような気がするのですが、その場所に流れる空気は全くちがうものでした。
「ひとりでのんびり過ごしたい」
そんなときには、ココ「香月泰男美術館」へ足を運んでくださいね。

<注意>
写真数枚の真ん中が白くなっていることにお気づきですか?撮影途中でレンズを触ってしまったようでレンズに手脂がついてしまいました。
カメラは丁寧に、特にレンズはきれいに扱わなくてはダメですね。

香月泰男美術館のあとは・・・

香月泰男美術館で過ごした後は、駐車場のすぐそばにある湯免温泉へ。お肌がつるつるになりますよ。

 

長門市街地へ向かう道191号線を進むと大きなお土産屋さんがあり、長門市の海産加工品やお菓子などがたくさんそろっています。レストランも併設されているので、ゆっくり次の行き先を考えるのも良いですね。

香月泰男美術館

開館時間/午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日/毎週火曜日
※火曜日が祝日の場合は開館、翌平日休館
※その他、展示替え等に伴う休館日、年末年始の休館日等

入館料/
一般500円(400円)/小中高生200円(150円)/未就学児 無料 
※( )内は20名以上の団体料金 
※長門市在住の方、障害者の方は証明書等をご提示で入館料が免除されます。

詳しくはお問い合わせください。

お問合せ/〒759-3802 山口県長門市三隅中湯免226番地
TEL/0837-43-2500
FAX/0837-43-2577
メール/kazuki@city.nagato.lg.jp

Recipe List

感動をもとめて青海島へ 40代が行くメモリアルロードひとり旅

波の音と潮風に背中を押されてながら、絶景ポイントを目指して歩く海沿いのメモリアルロードをご紹介します。

ふわりと香る日本海 釜揚げちりめんのブルスケッタ

ながと産『釜揚げちりめん』のアレンジレシピ

栗の皮むき第2弾 渋皮むき

生の栗の渋皮を包丁で丁寧に剥く方法です。
よく切れる包丁を用意してくださいね。

パーティーにもぴったり!かまぼこときゅうりの酢の物

そのまま食べても美味しい仙崎かまぼこは、野菜との相性もピッタリです。紅白かまぼこを使えば、おめでたい席でも使えます。寿司酢を使うので、手間がかからず美味しくできますよ。

あま~いかぼちゃ!一度食べたら止まらない かぼちゃのあげだし

長門産の甘い日本かぼちゃ「つるくびかぼちゃ」を使った、かぼちゃのあげだしは、大人も子供もお箸が止まりません。

栗ごはん

栗がほくほく 秋の味!栗ごはん

秋の味覚、ホクホクの栗を栗ごはんにしました。甘い栗の香りが食欲をそそります。