私たちの手作り料理でおもてなし

俵山イチニチレストラン

俵山で地元野菜を使った農家レストランを開催する女性グループ「みゅーずきっちん」を紹介します。
「みゅーずきっちん」は活動を始めて約3年あまり。私もそのメンバーの一人です。
1年にたった1回か2回ですが、農家レストランを開催しています。

主に活動する4人を柱に、仲間を誘って開催してきた農家レストランは、全てが手作りの50品目。
イベントでの食事担当や、独自で、癒しをテーマにしたバイオリンやピアノ演奏を聴きながらの食事など、田舎ならではの1日レストランを開催してきました。

ながとブルーオーシャンライド参加選手へのエール

先日、1年ぶりにメンバーが顔を合わせました。
「ブルーオーシャンライド」という自転車のイベントで、なんと400人あまりの食事を担当することになったのです。今回は1つのエイドということもあり、9品目の料理を準備することとなりましたが、林康子代表を中心に、4人でメニューを考え、仲間を誘い、ステキな料理が出来上がりました。

猪肉のスープパスタ

今回の私の担当メニューは3品。
猪肉のスープパスタ、長門ゆずきちを使った秋野菜ピクルス、おこめぷりんです。

中でも好評だったのは、猪肉のスープパスタ。俵山にある『猪鹿工房 想』でスライスされた猪肉を使いました。

小さいカップとはいえ、400人分のスープ。人が入るんじゃないかと思うくらいの大きな鍋2つを使い、舞茸や俵山産の玉ねぎを使い、一晩煮込んで仕上げました。

猪肉の臭みは無く、肉全体から旨味があふれ、絶品なジビエ料理が完成しました。

栄養たっぷりの食事でパワーアップ

他にも鹿肉のハンバーグ、地元野菜を使ったおでんやコロッケ、津田農園の梨など、心をこめて作りました。

でも、一番はおにぎり。
塩をたっぷりまぶしたおにぎりを、選手たちは感激して食べてくれました。

選手の方々が出発され、私たちの楽しみは、自分達の料理を同じようにお皿に乗せて頂くことです。どの料理もとても美味しかったです。

みゅーずきっちんの活動。また「1日だけの農家レストラン」を開催できるよう頑張ります。

関連キーワード