俵山新米長門市俵山の「新米」
俵山新米

長門市俵山の「新米」

大事に育て収穫された”今だけ”の新米


今年の夏は記録的な猛暑で、雨の降らない日が続きました。水不足や台風など、農家の方にとってはヤキモキしたシーズンだったと思います。
そんな心配の甲斐あって、春に植えた苗はすくすくと成長し株を増やして実りある黄金色の穂を垂れました。

9月に入ると家族、親戚、仲間大勢で協力して稲を刈る様子があちらこちで見かけられ、コンバイン、軽トラックが走り回っています。

いよいよ、1年に2度目の農繁期に入りました。
この時期になると、どの農家さんも毎朝、テレビの天気予報にかじり付けです。

そうして大事に育て収穫された今だけの新米。
皆さんは何かこだわりを持って選ばれていますか?

米はどれも農家さん自慢の品です。

その中で、特にこだわりを持った農法で栽培する長門ブランドの米。
それは、

今、長門で話題の米ブランド「穂垂米(ほたれまい)」

 「穂垂米」という名前には、
1.ホタルが飛ぶきれいな水で作られ
2.穂が垂れるほど実り
3.ほおが落ちる
ほどおいしい。という3つの意味が込められています。
品種は「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」です。主な栽培地は長門市俵山です。   

栽培地の俵山は、長門市街から南へ約15キロ、海抜約150メートルの山間で、側には蛍舞う「木屋川」が流れます。
昼夜の温度差が大きいので、さらに旨味を増した美味しい米が育ちます。

この恵まれた環境の中で安心安全で美味しい米を目指すため、肥料は有機配合 肥料「かおり」を使い、化学農薬を50%以下に抑えた栽培をしています。

このこだわり抜いた「穂垂米」。ぜひ一度、味の違いをお試しになりませんか?

穂垂米 ひとめぼれ
穂垂米 こしひかり 

                       

穂垂米の稲刈り体験を開催

2018年9月8日(土)俵山ほ場にて穂垂米の稲刈り体験が行われました。
小雨降る中、穂垂米の栽培農家と体験に参加された子供から大人まで大勢で賑わいました。

さぁて、どこから刈ろうかな。
おじちゃん、おばちゃん達が子供たちに丁寧に教えています。

穂垂米収穫体験

田んぼの中は、何て歩きにくいんだろう。体が隠れちゃうぞー。慎重に慎重に。稲を踏まないようにね。
みんなで稲刈り楽しいね。
見て見て!お米がこんなに出来てるよ。
穂垂米収穫体験
手刈りした稲は根元をわらで結び次々と竹で組んだ棚へ掛けていきました。
この昔ながらの乾燥法は収穫した米に更に旨みを加えるそうです。今では、あまり見られないので貴重な体験です。
穂垂米収穫体験

新米食べるなら、あったらいいな「ご飯のおとも」

新米ならそれだけでバクバク食べた~い。今時期しか無いピッカピカの新米。
その新米をさらに美味しくする「ご飯のおとも」をご紹介します。

くじら大和煮(フレークタイプ)

認知症予防に効果があるといわれる「バレニン」がたっぷり入った鯨肉の大和煮フレークです。
年配の方だけでなく、醤油ベースの味付けで子どもさんにも大人気です。くじらは、高たんぱく、低脂肪、低カロリーでヘルシー!コレステロールも低く、幅広い年齢層におすすめです。

くじら大和煮(ハートアンドオアシス)

雲丹のり(うにのり)

瓶の蓋を開けると、ふわ~っと磯の香り。
海苔の佃煮の上に高級ウニがたっぷり!軽く混ぜてお召し上がりください。

のり(ハートアンドオアシス)

釜揚げちりめん

その日に水揚げされたしらすを鮮度を落とさず海水と同じ濃度で一気に茹で上げ急速冷凍。
そのため、ふっくらでフワフワした食感が楽しめます。ちりめん(しらす)は、春・秋が旬です!

釜揚げちりめん(ハートアンドオアシス)

しそ入りわかめ

刻みわかめにしそ風味で味付けしたソフトタイプのふりかけ。ご飯がどんどん進みます。

手作り佃煮

袋の中には、つくだ煮の材料とたれ。自分で作るつくだ煮は簡単でカルシウムがたっぷりです。成長期のお子さんやご年配の方には是非おすすめしたい逸品です。

手造り佃煮(ハートアンドオアシス)

 

ハートアンドオアシス
https://www.cocoreco.jp/orner/heart_oasis

海鮮村オンラインショッピング
http://www.kujira-oasis.com/
山口県産の新鮮な海産物や名産品を販売しているショッピングサイトです。

関連キーワード