せむら牡蠣せむら牡蠣

食べる避暑地。青海島にある「かき小屋」

海上アルプスで知れる「青海島」。

今年は過去最大の猛暑を記録し、誰もが熱中症予防対策を試みる中、ここ青海島には元気に真夏を乗り超える「食べる避暑地」があります。

~かき小屋せむら~

「かき小屋せむら」海風を心地よく感じながらバーベキュー

「かき小屋せむら」海風を心地よく感じながらバーベキュー

普通が普通じゃない驚きの味と大きさ!

せむら牡蠣(岩牡蠣)は真牡蠣のなんと約3倍!大きいもので20cmもあります。
大きさは殻だけなのかと思いきや、しっかり身も詰まっています。


せむら牡蠣

せむら牡蠣

牡蠣食べて美しく女子力アップ!

かき小屋せむらで出会った可愛い2人組の女子。
「福岡から、ここの牡蠣を食べるためだけに新幹線に乗って来ました」と。
お友だち同士楽しそうにお喋りしながら、牡蠣のバーベキューを楽しんでいました。

せむら牡蠣のバーベキュー

せむら牡蠣のバーベキュー

「海のミルク」と呼ばれる牡蠣

この、焼き立ての牡蠣からしたたるミルクが見えますか。
牡蠣には、疲労回復に繋がる多くの栄養素があります。

即効性のあるエネルギーの源「グリコーゲン」、肝臓の解毒作用を強化されるといわれる「タウリン」、そしてビタミン、ミネラル。
これらの栄養素はスタミナを補給し夏バテの予防にもなります。

海のミルク、濃厚で旨味たっぷり。磯の香りも楽しめます。なにか体にいいことが起きそうな予感さえします。

牡蠣の苦手な方でも、かき小屋の雰囲気を味わいたいものです。
そんな想いも「かき小屋せむら」なら叶います。
牡蠣だけでなく、イカやあじ、エビ、ほたて貝などの海鮮メニューやおにぎり、とうもろこし、ウィンナーなどもあります。

親切な牡蠣と親切な人。

青海島岩がき育成研究会 新谷さん

青海島岩がき育成研究会 新谷さん

通常、かき小屋では焼けた牡蠣の殻がバンバン弾け飛んでしまうのでエプロンをつけて食べますが、この岩がきは、殻が飛びちることなく親切(?)。汚れることなく綺麗に焼けます。

お店の方が、焼き方や美味しい食べ方を丁寧に教えてくれるので、「かき小屋」初心者でも上手に焼いて食べられます。
女子会などにも気軽に利用できそうです。

牡蠣を堪能したあと、家族や友人にも美味しさをシェアしたい方は、せむら牡蠣のお土産も購入できます。(1kg 1,200円)

美容と健康とスタミナチャージにぜひ一度「かき小屋せむら」へ。

青海島岩がき育成研究会(かき小屋せむら)
https://www.cocoreco.jp/orner/semuragaki

※土曜・日曜・祝日のみ営業(11時~15時)
※平日は、5名様以上のご予約ならOK!

関連キーワード