手造り甘酒

30種類以上の野菜を育てる農家さん

長門湯本温泉から車で5分程度。
ホテル料理人が直接野菜を仕入れるほどの、こだわり農家さんがいます。
約30種類の野菜を育てる傍ら、加工品の製造・販売にも力を入れられています。

「食に興味があるから」と笑顔が素敵な、代表の小野さん。
畑仕事で忙しくされてる中、手を止めて、取材を快く引き受けてくださいました。

農家さんがつくる「甘酒の素(もと)」は無添加!

「食」への興味から、栽培されている野菜を使った加工品や手づくりの麹で作る甘酒、長門産のもち米を使ったかきもちなど、愛情たっぷりの品を手作りされています。
中でも、「甘酒の素」は、健康志向のお客さんから人気を得ていて、定期的に購入される人も多いそうです。

毎日1杯の健康管理として、「甘酒の素」と同量の水と一緒に煮て、ショウガを入れて飲む。そのほかには、日本酒や焼酎に入れたり、スイーツ作りの材料としてなど色々な使い方があるそうです。

小野さんのつくる「甘酒の素」は、無添加で麹の甘さもちょうどよく、色々な料理にも使えるのがいいですね。
また、冷凍で販売されているのも嬉しいところ。買ってからすぐ消費しないといけない焦りもなく、一人暮らしにもピッタリです。
夏場には、アイス甘酒にして疲労回復にも役立ちそうです。

手造り甘酒

甘酒にはショウガを入れるとさらに美味しく健康に

手造り甘酒

日本酒や焼酎との相性も抜群の「甘酒の素」240円

長門産のもち米で作る「生かきもち」

長門産のもち米を使った「生かきもち」は、冬のシーズン限定で製造・販売されています。
「生かきもち」は、もち米の甘さとちょうどいい歯ごたえで、いくつでも食べられます。
小野さんが、一枚一枚丁寧に手作りで仕上げた逸品です。

手づくりの生かきもち

手づくりの「生かきもち」8枚入り300円

真空パックで販売されているので、そのまま冷凍し、買い置きされる人も多いとか。
トースターで焼いたり、油で揚げたりしてそのまま食べても美味しいですが、お好みで、塩や醤油で味を足して食べても美味しいですよ。
子どものおやつにも喜ばれます。

※下の写真は、「焼きかきもち」として販売されているものです。

手造り甘酒

パリッとした食感「長門産の揚げかきもち」

野菜づくりのプロとして

小野さんは、野菜づくりのプロとして、長門に住む私たちに安心して美味しく食べられる野菜を届けてくれています。
その野菜と手づくりの加工品も、長門市内のセンザキッチンをはじめ直売所で販売されていますので、是非一度ご賞味ください。

 

※掲載商品のお問い合わせは、当サイトのお問い合わせフォームにて。

関連キーワード