日本の春といえば、誰もが思いつく桜の花。
仕事仲間と楽しむお花見。家族で楽しむお花見。一人でふらっと立ち寄るお花見。
どんな場面でも、誰とでも楽しむことができるのがお花見です。

今回は、長門市で楽しむことができるお花見スポットをご紹介します。あなたは、どんなお花見がお好きですか?

観光するならココ!長門市の桜スポット

海も桜も楽しめる【青海島さくらの里】

ソメイヨシノ約1,250本が植樹されている青海島さくらの里は、桜の時期になると紫津浦湾に面した斜面が一面ピンク色に染まります。
桜に囲まれた散歩道をゆっくりと歩いたり、広場でお弁当を広げてピクニックをしたりできるスポットです。

青海島さくらの里では、4月1日~ライトアップが始まり、日没から21時ころまで夜桜を楽しむことができます。
ライトアップ最終日には「青海島千本桜まつり」が開催され、様々なイベントで賑わいます。

青海島千本桜まつり

日時
2018年4月8日(日)10:00~15:00
会場
長門市市営駐車場
駐車場
静が浦駐車場

<青海島千本桜まつり2018>詳細

青海島千本桜まつりウォーク

日時
2018年4月8日(日)8:00~10:00
集合場所
センザキッチン(そこから約7~8kmのウォーキング)
参加料
大人1,000円 子供500円(中学生まで)※飲料・スイーツ・昼食込
申込締切
2018年3月25日(日)

<千本桜まつりウォーク>詳細/お申込み

お問い合わせ

電話/0837-28-0008(通公民館)
主催/青海島千本桜まつり実行委員

歴史を感じる桜スポット【大寧寺】

「ななび」より許諾

ソメイヨシノや八重桜、枝垂桜が咲き誇る長門市の桜の名所です。大寧寺の境内をゆっくりを楽しみながら奥に進むと、豊川稲荷神社の参道につながります。
真っ赤な鳥居が並ぶ先には、赤と緑とピンクのコントラストに目と時間を奪われること間違いなしです。

ライトアップされた夜桜は、どこか神秘的で魅力的な風景が広がります。

「ななび」より許諾

大寧寺夜桜ライトアップ期間

日時
2018年3月25日(日)~4月10日(火)

少し早めの桜が楽しめる【みすゞ公園】

「ななび」より許諾

詩人金子みすゞさんの童謡にまつわる草木を中心に植えられた公園で、同詩人の詩碑が6基あります。桜の本数は約50本と少なめですが、早咲きで濃いピンクの花をつけるヨウコウザクラから、ソメイヨシノへと長くお花見を楽しむことができるスポットです。
頂上にある「丘の上展望台」から一望できる仙崎の町並みと青い海も、心休まる風景です。

川沿いを彩る桜スポット

家族でお花見ならココがおすすめ【観月河川公園】

「ななび」より許諾

深川川河川敷を包むように咲く桜の花は圧巻です。公園には水辺のふれあい広場、スリーオンスリーコートなどがあり、子どもから大人まで楽しめるので、お花見シーズンには大勢のお花見客で賑わいます。

温泉街に咲き誇る桜【音信川】

撮影/7daysスパイス

長門市を代表する温泉地「湯本温泉」の音信川の川沿いは、春になると桜の花で囲まれます。
桜の下に通る川沿いの遊歩道を、川のせせらぎとウグイスの声を聞きながら歩く時間は、この上なく贅沢な時間です。

この写真は、よく晴れた秋の日の写真です。桜が満開の風景を想像しながら訪れるのもいいですね。

ココレコおすすめの隠れた桜スポット

森閑とした桜道【香月泰男美術館】

香月泰男美術館の隣にある静寂に包まれた公園は、その外周がぐるりと桜で囲まれています。
満開になった桜道を物思いにふけりながら歩いてみませんか?
本を一冊もって公園で読むのも、大人の休日の過ごし方にぴったりです。

香月泰男美術館の記事 https://www.cocoreco.jp/recipe/17100302

香月泰男美術館 https://www.cocoreco.jp/orner/kaduki

関連キーワード