からだにやさしい。からだがよろこぶ。だから食べたい!【KULABO大正館・カフェ360】のランチ

「からだにやさしい」「ヘルシー」は魔法の言葉。
この言葉だけで、興味が出てきませんか?特に女心がくすぐられる気がします。

今回は、長門市にあるビジネスホテル【KULABO大正館・カフェ360】の「からだにやさしいランチ」をご紹介します。

店内に入った瞬間から感じる、個性的で温かみのある雰囲気

温かみとやさしさに溢れた店内の雰囲気!雰囲気も最高のごちそうです。

からだにやさしいメニュー

今回いただいたランチのメニューはこちらです。

<前 菜> 長芋ローリエ・みかんゼリー

<スープ> かぼちゃスープ

<プレート>レンコンハンバーグ・大根フライ・ジャガイモと春菊のペンネ・人参きんぴら・れんこんの酢づけ

隠れたやさしさがつまった 前菜とスープ

かぼちゃのスープは、サラッとした口当たりでカレー風味。
ほんのり感じるカレーの辛さがかぼちゃの甘さを引き立ていて、優しくのどを温めてくれる・・・そんなスープでした。

前菜の長いもは、ローリエの香りが口に広がる初めての味。
長いものサクッ&ねっとりの後ろに、ひかえめにいるローリエがとても上品な一品です。
ゼリーは、皮も一緒に煮詰めているみかんがゴロっと入っていました。みかんのほろ苦さと甘さがスーッとのどを通っていきました。

ココまでで、もうからだが喜んでいるのがわかりました。

やさしさ溢れる お待ちかねのメインプレート

プレートには、サラダと5種類のおかずがのっていました。

レンコンハンバーグは、角切りのレンコンがコロコロと入ってして、歯ごたえバツグン!ソースの大根おろしもピリッと辛く、食が進みます。

大根フライは大根の甘みを感じ、人参のきんぴらは、人参の甘味と風味にゴマの風味がプラスされた懐かしい味でした。

ジャガイモと春菊のペンネには、ニンニクが使われていて春菊の独特な香りはまったく感じませんでした。気になるニンニクの匂いも、いつの間にかいなくなっていました。

そのかわりにいつまでも余韻を残していたのが、れんこんの酢づけ。酸っぱさだけでなく柑橘系のまろやかな酸味は、まったりと温泉に浸かっているような味でした。

作り手のやさしさが伝わる ちいさな心配り

おいしいおかずの脇役に徹するごはん。ふんわりとした舌ざわりが人のぬくもりを感じさせてくれました。
何より、上にのっているごぼうの美味しいこと!ごぼうの野性味あふれる土の香りがしっかりと残っていて、ごはんと絶妙なハーモニーを奏でていました。

メニューに載っていないところでも感じるやさしさ・・・最高です。

お店から伝わるやさしさ

【KULABO大正館・カフェ360】のからだにやさしいランチに使われている食材にも注目です。ほとんどが旬の物。
さまざまなものが流通し、季節を問わずに手に入る時代に、旬を考えてメニュー作りをしていることに一番の「やさしさ」を感じました。

からだにやさしいランチは、味付けや素材はもちろん、スタッフの方々の笑顔や想いなど、「やさしさ」がたっぷりつまったランチです。
メニュー内容は、その時々で変わることもあるようなので、また行くのが楽しみです。

おなかいっぱいのあとにゆっくり見たい おしゃれな雑貨

入口(出口)にあるお店「ショップ360+」には、素敵な雑貨がところ狭しと並んでいます。

作家さんのこだわりがつまった雑貨がたくさん!

どれを見てもかわいいものばかりでした。

店内の雰囲気づくりもOMIGOTO!

店内は、季節に合わせて模様替え。飾ってある雑貨は販売しているものもあり、デコレーションのアイデアとして参考になります。

さりげないインテリア。我が家にもこんなのほしいなーと感じる物ばかりでした。

関連キーワード