日本の秋と言えば、なんといっても『紅葉(こうよう)』ですね。
赤や黄色に山を彩る、さまざまな木々は、近くから見ても遠くから見ても絵になる景色ばかりです。長門の紅葉スポットで秋の彩りを探してみませんか?

大寧寺

長門市自慢の『赤の世界』へ

入口から続くレッドカーペット

「ななび」より許諾

道いっぱいに敷き詰められたもみじの上を歩くとき、気分は一流俳優です。
ゆっくりと自然のレッドカーペットの上を歩きながら、夢のようなひとときを楽しんでください。

闇の中の真っ赤な風景

「ななび」より許諾

昼のもみじとは違う顔を見せる夜のもみじ。夜の闇を包む真っ赤なもみじを楽しんでください。
夜のもみじ鑑賞はとても寒いので、暖かい格好で来てくださいね。暗闇を歩くときの足元にも要注意です。

大寧寺の紅葉情報  記:2017.11.14

種類/イロハモミジ、イチョウなど約120本
見ごろ/11月中旬~12月上旬 (ライトアップ/10月中旬~12月上旬・日没~22時30分)

西念寺

赤と黄色のグラデーション

「ななび」より許諾


風格漂う門を彩る赤と黄色は幻想的です。長い階段を踏みしめながら、ゆっくり上がる時にあなたは何を想うでしょうか?

参拝後に見る景色

「ななび」より許諾

参拝後、心が穏やかになったあなたの目に飛び込んでくるのは、真っ赤なもみじ達。上がって来たときと、ひと味違う風景を楽しんでください。

能満寺

門を守るようにそびえ立つイチョウの木

「ななび」より許諾

遠くからでもハッキリとわかる大きなイチョウの木は、まるで門を守る仁王像のようです。
立派なイチョウと真っ赤な門のコントラストが印象深いです。

見上げると偉大さが増す

「ななび」より許諾

近付くほど、イチョウの黄色は陽の光を浴びると輝きを増し、きらきらと降り注ぎます。
『長寿』の花言葉を持つイチョウの木に、手を合わせたくなります。

 

ながとの紅葉は、スポットだけでなくドライブ中の山々にも感じることができます。
山の彩りを楽しみなら、快適な秋のドライブを楽しんでくださいね。

 

関連キーワード